三倉。

土曜日、

yoneさんそしておメグ、オイラで三倉へ。

久々のアプローチ、マムシに出会ったりしながら源助までヒイこら歩いた。

ガチャを詰め込んだザック、やっぱ重いわ。

今回が初三倉のyone 氏、先ずはモアイクラックにトライしてもらう。
c0116878_16455078.jpg

c0116878_1646388.jpg

初めてのクラックとは思えないくらい、安定した登りで見事RP。









でも、あっさりモアイ完封されてちと悔しいので、

三倉ハンドジャムの王道、「モルモットクラック」でモガイテもらった。

こっちはサスガにムズイ感じのようだったが、

伝説の「ふかまちゅポイント」は越える事に成功!

コレはコレでお見事!

そして、やっぱりこれ!「ヒップクラック」
c0116878_16552574.jpg

TRにてトライしていただき、ボロボロになっていただいた。

でも、何だかんだで見事完登!

コレにはオイラもオメグもビビリました。

てか、クラックの才能ありますよ…yone さん。

で、

BDさん差し入れのあんこパワー達を美味しく頂戴して、(ありがとうございました。今度はご一緒しましょう!)
c0116878_17333729.jpg

c0116878_17335931.jpg


オイラは「しじゅうまえ 10d」にトライ。

先ずは1トライ目、

凹角にスメアで足を張りつつ、甘いハンドジャムで耐えつつ体をズリ上げる。

何とか#3キャメセット。

が、ここの核心クラックに全てを持っていかれフォール。

そしてとりあえずのっこし越えて、上部スラブへ。

が、

こっから先はぜったい落ちてはいけない5,8くらいのランナウトしたスラブ。

神経を消耗しつつ、足のフリクションを信じて高度を刻む。

ようやく終了点に辿りつけた。

この後2トライほど。

何とか1テンに持ち込むも、心身ともにボロボロ。

最近の石灰岩なら11前半位ならOS、12-ならワリとサクサク登れるようになった。

少しはムーブと保持力に自信がついてきた。

が、

三倉クラックを登ると己の無力さを知る。

ムーブではなく保持力でもない、

ただ単順に自然の節理を登りきる力が必要なのか。

まだそこまでの力が自分に足りてない。


そしてモルモットクラックでハンドジャムの粒子の感覚を手の甲に刷り込んだ。

西の空の雲行きが怪しくなり、
c0116878_1724361.jpg

雨がパラついてきたので早めに下山。

「しじゅうまえ10d」

見事にクラックから吐き出されたが、

いいトライが出来た。




そして日曜、

とりあえずAM5:00起き。

TREK1400にて、
c0116878_17273654.jpg

海を見て、

帰ってから、
c0116878_17291553.jpg

月末なので帳簿関係の仕事。

昼過ぎから羽山行こうと思ったけど、

50㌔のサイクリングと仕事と昨日の三倉クラックでなんかボロボロ。

羽山に行っても何ら歯が立ちそうにないし…。

でもアシボルにて、
c0116878_17314939.jpg

何とかトム筋は鍛えといた。


ホントよくいごいた週末。





今日の擦過傷。
c0116878_17393523.jpg

クラックでもがく時は長袖を着ましょう!




さて来週はドコを登ろうか。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-06-01 17:23 | クライミング・三倉岳
<< 日々ツレヅレ。 ぼちぼち。 >>