メンテの話。

案外気にしてそうで、気にしてないのがクイックドロー。

オイラは年に何回かクイックドローのメンテをします。

モチロン、クライミング前には目視でチェックはしてますが…。

ロープのスれやキンクなんかは、ギャーギャー言いますが、

クイックドローのメンテってしてないクライマー、案外多いんじゃないでしょうか。

さて、

オイラの場合は…

カラビナのゲートの開き具合の作動確認と注油、清掃。

カラビナの摩耗の状態。

クイックドローのテープの状態。

これらを、もろに整備士目線でやってます。


クイックドローのロープ側のカラビナ、
c0116878_1721765.jpg

こんなになってませんか??

おそらく、ロープに付着した砂と、

ロープに施されているコーティング用のワックス??やなんかが混ざったモノが、

使用過程においてドンドン荒れていった、カラビナとロープの摩擦部分に入り込んで、

固化していくんでしょうか…。

どちらにしろ、この状態でテンションやフォールしまくれば、

ロープをヤスリにかけてるもんでしょうな。

ってなわけで、

オイラは時々、ビナを超微粒子のコンパウンドで磨いて、

摩擦面をピカピカに磨いてやります。
c0116878_1715817.jpg

こんな感じになります。

キレイキレイ。

オススメは「ピカール。」

ホームセンターで売ってます。

こヤツは多少、灯油を含んでますので、

磨いた後は、しっかり奇麗に拭き取りましょう!

もちろん、摩耗著しいカラビナは交換です。


やっぱ整備士やってると、道具ってのはどうも気になるのです。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-09-29 17:11 | クライマーズ・ライフ
<< アシボル。 アリーマとシンディ。 >>