温故知新の記。

5.7..太陽サイコー。

冒険的クライミングを求めて、そして大好きオジィに会うため、
c0116878_1918733.jpg

アサイチ特上パワー補給しながら東へ。
しかし、特上感イマイチ…皮がヘボじゃった。

やって来たよ、雪彦山。
c0116878_19241457.jpg

思ってたよりデカッ!

大好きオジィに早速やまんぼうを突き刺しといた。案内よろしく。
c0116878_19264292.jpg

オイラがマメオさんに興味津津になったんは、マメマメ日記で「温故知新」のリボルト記事を拝見してから。
スゲー大変な仕事を西村氏と共に苦心惨憺されながら、成し遂げていくのがスゲーと思った。






三峰岳「友人登路 4P130m 5.11b」~不行岳北壁「温故知新 3P95m(*1)5.10b」を登る。
c0116878_1931296.jpg

マメオスピリットを感じるべく、さあ行くぜ!


マルチピッチ登攀…
てか、やっぱ山の、岩壁のクライミングはいい。
c0116878_1940241.jpg

露出感のある岩壁を登る、ほんでもって高みを、頂上を目指す。
やはり、クライミングは冒険だと思う瞬間であり、頂上に登るってのは登攀者としての本能なんよね。

ガシガシ登って、
c0116878_19534089.jpg

そして山の中で呑む、
c0116878_19474729.jpg

コーラはサイコー!

ヨネさんからもらった出雲銘菓と
c0116878_19484475.jpg

マメオさんから搾取したトルコ土産の余りモン豆菓子補給。
出雲銘菓不思議な味、余りモン豆うまッ!

途中、ライン取りに迷っちまって、
苔苔フリーソロやら、草つきA5トラバースやらで命がけのクライミングをし、なんとか「温故知新」へ。

日も傾きかけて、スピード重視のクライミングになったもんで写真撮るヒマなかった。

よって、マメマメブログより拝借。
c0116878_200682.jpg

「温故知新」最高でした。核心のピッチ面白かった。最終ピッチのスラブ、高くて長くて快適で気持ヨカッタ。

登攀終了。
c0116878_2025537.jpg

ヘロヘロになって、


みんなで無事に頂へ立てた。
c0116878_2042898.jpg

みなさんお疲れ様でした。

スゲー目標も見つけれたし、よい一日でした。



頂に立つ。



最高じゃね。





おまけ。

そいや帰りに怪しい城発見した。
c0116878_208618.jpg

なんじゃこりゃ。
[PR]
by ikeda-eng | 2011-05-10 20:09 | クライミング
<< FFロックの記。 ビューの記。 >>