カチ大山。

またしても雨に狙い撃ちされそな週末。じゃがしかし念力にて雨雲撤去。

いまさらながら、屋久島マルチよれ盛大化なり。ほんで、前日、アシボルのシャーマと打ち込みすぎた。背中イテぇー。
鼻が、なんかの花粉症的な鼻づまりの応酬。
合計③重苦で寝苦しくって、夜明け前のいつもより早い早起き。

ぺりっと晴れ上がったね。
c0116878_8305849.jpg

ババチョップから「ゲンバ見学にこいや!」言われたけぇ、アサイチからゲンバ見学。

さすがクライミング界①の名工。
c0116878_8321922.jpg
c0116878_8322846.jpg
c0116878_8324816.jpg
c0116878_8325596.jpg

あちこちに”こだわり”があるのです。いい仕事しとるね。
オイラは修理はできるけど、”造る”ことはできん。だから、こういうモノを”造る”ことができる人は尊敬してしまう。





ゲンバ見学のち、チョップオヤジ畑へ移動。
c0116878_8372364.jpg

ここにはチョップオヤジの”こだわり”あり。

アップで、黒豆&イモ収穫。
c0116878_8385745.jpg

畑のプロテイン大量入手。よしよし。

アップ済んだけ、カチ山。本日は湯原jr2名と師匠2期生さんも参戦。

金曜盛大雨の影響懸念も、われ等の思い込みのみ。Do not worry!のグッドな状態。

とりあず開店。
c0116878_8481012.jpg

カチ山、本日も高グレード揃い。 久々に湯原カステラ抹茶食せると思うたら、すでにはじっこが食われとった。ショック大。たぶん犯人はかーちゃん。
KJ君支給のきなこ棒が地味にウマし。オッツァン連中はとまらんかった。

KT君のテンション期待も、ちょこっと悩んでさっさと突破。
c0116878_8514638.jpg

横でK太君はハマって行ったりきたり。よしよし。でも登りおった。ちっ。

エロい核心も、
c0116878_8544437.jpg

イマの若者にはエロくないのでした。あっさりOS。でも勝山町民はサデくっておった。ヨシっ!

オイラ、オッツァンの意地とプライドにかけて、北風小僧FL。
c0116878_8563294.jpg

エロンティアのヌンチャク掛け&回収、ノーテンにて完了。でも、ならず者のヌンチャク掛けは醜態さらしといた。

まぁ、いまだ屋久島マルチ疲れってことで、こらえてつかぁーさい。(備後弁)

2期生さんとチョップはエスプレッソ。
c0116878_91633.jpg

OSで取りついた一便目でスタートボルダーに四苦八苦する2期生さんを見て、チョッとうれしかったりする、肝っ玉のちぃせぇチョップさん。

2期生さん、ムーブ分かった結果、
c0116878_943476.jpg

3撃なのです。
c0116878_913755.jpg

オイラがクライミング始めてすぐのころ、2期生さんの登りみて、開いた口がふさがらなかった。こんなツヨい人がおるのかとビビッた。超人かと思った。

しこたまカチったんで歩くか。大山移動。

夜明け前の星輝く時間に夏山道にて登山開始。風ビュービュー。
c0116878_917557.jpg

6合目付近で夜明け。風盛大化、ほんで大量のガス発生。視界最悪。

整備されすぎな登山道を、景色に感動することなく、
c0116878_920985.jpg

加藤文太郎的にスタコラ…。

登山口から110分にて頂上着。本日一番乗り。
c0116878_9211443.jpg

とりあえず加藤のまんじゅう添えて山の神に祈り捧げといた。
じゃがしかし、加藤のまんじゅう供えたんが、神の逆鱗にふれたようです。
気温グングン下降の6℃。風さらに盛大。どうやらプチ嵐化してきたけん、シッポ巻いてさっさと撤退。

下山、六合目付近にてようやく天候回復。と同時に中高年ハイカーがじゃんじゃん上がって来た。
よって、行者コースに進路変更。コレ正解。
c0116878_9261164.jpg

まだガスってるけど景色ヨシ!
c0116878_9271141.jpg

北壁がキレイではないか。でも、紅葉のピークは来週くらいかな。

大神山神社らへんをぶらぶら。石畳の参道にて、
c0116878_929692.jpg

これからどう生きていくか思いをめぐらせといた。

もちょっと歩きたりんので、霧降る渓谷の紅葉なんぞを探りに。

こちらも、
c0116878_931585.jpg

こちらも、
c0116878_933022.jpg

まだまだ早いようでした。

そいや、①の壁にスズメバチの巣が完成しとった。たぶんバスケットボール位。危険極まりないので近づかないように。


あちこち、いごき回った週末の総括。


ビールがウマし。






あれからのち、仕事が忙しくなられたんであろう、あんまり登れてないと言っておられた。
そして、久々に岩登りの時間を共にすることが出来た。
c0116878_93674.jpg

2期生さん、やっぱりツヨかった。

登りがキレイじゃった。

一手々々の集中力が凄かった。


ウエを見る目がカッコよかった。
[PR]
by ikeda-eng | 2011-10-18 19:00 | クライミング
<< 補給。 大山。 >>