三倉の花道。

ジムで、いくらハードムーブがこなせるようになっても、

備中や霧降る渓谷で、いくら高グレードが登れるようになっても、

花崗岩には花崗岩の矜持がある。




三倉で登るようになってから、この雲海を初めて見たとき、自分は自然の岩場の中で登っているんだ…と思えた。
c0116878_191117100.jpg

久しぶりに訪れた三倉で見れた雲海。夜明け前に福山を発ったかいがあった。


三倉で一緒に登るたびにいつも、グレータワーに行こう!と言ってくれたべっち師。
なかなか機会に巡り合えずに登れないでいたけど、べっち師にお願いして、今日は無理やりでも機会を作った。

下の岳 グレータワー ノーマルルート 下部壁5P+上部壁4P=三倉の花道
c0116878_19184236.jpg

1P目よりスカイラインを見上げる。

9P無事に登り終えた。
c0116878_1926381.jpg

壁を登って頂に立つ。 クライマーとしての矜持。 


スカイチムニー~下の岳ノーマルを継続してきたマルボーさん、
c0116878_19331672.jpg

と、

パタゴニアのベスト着てスカイチムニーを攀じ登ってきたK子さんペアと、下の岳頂上で合流。
c0116878_19345048.jpg


良い仲間がいてくれる。

だからクライミングは楽しい。


三倉でのクライミングは、ハードムーブがこなせるか? 難しいのが登れるか? じゃなく、

タフなクライマーか? と問われている気がする。

三倉には三倉の矜持がある。

ベッチ師さん、三倉の花道連れてってもらってアリガトうございました。
c0116878_19411810.jpg

次はスカイチムニーいきましょう!
[PR]
by ikeda-eng | 2013-03-08 21:07 | クライミング・三倉岳
<< 3.10..MOS。 3.3..ニュエリ。 >>