ス登。

こだわったあの一手、ようやく保持しきれた。

左にラインを取れば楽なのはわかってんだけどね。
c0116878_12120963.jpg

そこを真っ直ぐに抜けたくて。

1テン入ってから、なかなか歯車が噛み合わず、そこにこだわりたい自分と左にラインを外したい弱い自分。
どんだけ天秤にかけたか。

効率よく楽に…なんて思うけど、そうじゃないときもあるわけで。

登れてよかった。

このイッパイが全てに報いてくれるのです。
c0116878_12121085.jpg



うまかったなぁ。
[PR]
by ikeda-eng | 2015-05-14 12:43 | クライミング
<< フラワーロック記。 GW周登記。 >>