連休②三倉マルチ。


ここんとこボルトに守られたクライミングばっかしとったんで、

性根を入れ直すべく久しぶりの三倉。

キャンプ場にてベッチ師に会えた。
オイラにクラッククライミングの楽しいとこも厳しいとこも教えてくれたのがベッチさん。
だから師匠なのです。久しぶりに会えてうれしかった。
c0116878_12185932.jpg

ハチマキトラバースに行くとのこと。
オイラ、未だに中ノ岳マルチピッチは登ってないし、
ハルさんはナチュプロマルチピッチは初なので、いい腕ならしになりそなんでベッチ隊に着いて行く。

今日は横着してジャミンググローブ。普段のクラッククライミングでは使いませんよ。
やっぱグローブは楽じゃしね。クラックのOSやRP狙うときはテーピングで突っ込みます。

ギヤをアレコレぶら下げて、
c0116878_12321384.jpg

さぁ、いこう。

中ノ岳の岩稜歩き…なんてよばれてるけど、極端に難しいとこはないんだけど、クラックあり、チムニーあり、スラブありで、
なかなか充実。
c0116878_12321414.jpg

所々にいいテラスあるんで、風景楽しみながらね。

何よりもピークに立てるのが気持ちいい。
c0116878_12321512.jpg

中ノ岳のピークで昼メシ食ってたハイカーが「岩の下からヒトが登ってきた!!」 ビビらしてやりました。
クライマーのエゴですな。

初のマルチ、不安でいっぱいだったけどなんだかんでちゃんとピークに立てました。
c0116878_12321620.jpg

チムニーでズリズリもがいてガンバったのが、
ザックの中で背中と岩の間で挟まってペッちゃんこになったおにぎりが証明してくれたね。

もちょっと登りたかったんで、帰りに源助寄って久しぶりに水晶クラック。
どうにかノーテンで再登できた。久しぶりのジャミングテク…まだなんとかなまくらにはなってないようです。

小瀬川温泉で栄養補給。
c0116878_12351417.jpg

唐揚げとうどんが美味しゅうございました。


三倉二日目。

天気良すぎ。
c0116878_14571106.jpg


下の岳は以前マルチでピークに立ってるし、昨日は中ノ岳のピークに立てた。
残るは上の岳。

なんで、

今日も不安でいっぱいのハルさん引き連れて上の岳右ルートでピークを目指す。

ロクスノには、なんか楽しそうな感じで掲載されてたけど、

登ってみると、いやはや三倉臭さ満載。

ミニマムボルトで緊張感溢れるスラブに高度感もピリッとプラス。
何回「これ落ちたら死ねる。」思ったか。

難しいセクションはなかったけど、絶対落ちれないクライミング。

暑くてヌメリと戦いながら、ジリジリ高度を稼ぐクライミングは、
なんか自分のなかでクライミングの根っこみたいなのを思い出させてくれました。

抜けるような青空。
c0116878_15234975.jpg

この先に頂きがあるのです。

途中のテラスでケイさんからもらった大栗チャージ。
c0116878_15235046.jpg

でっかい栗一粒入っとるし。これウマし13b。

手前が中ノ岳の岩稜。
c0116878_15401623.jpg



無事に到着。
c0116878_15401838.jpg

緊張感のあるスラブにクラック。

グレード以上に登り応え満載のマルチでした。

ちょっと早かったんで、

帰りに、以前からOS狙ってた、Cフェースノーマルクラックにトライ。

出だしハンドからちょっと広めのワイドでノープロのチムニーこなして、

最後はオフィズスからワイドでハンドサイズで終了点へ立って終了。

めっちゃ奮闘系で満足いくOSが出来た。

OSトライは好きだけど、クラックのOSはもっといい。

スポートルートでハードムーブをこなすのもいいけど、

体力と技術と精神力を秤にかけて登りきる。



また三倉にいこう。








[PR]
by ikeda-eng | 2015-10-16 12:12 | クライミング
<< 連休①ロックバレー 北海道2251登旅記⑦ >>