北海道2251登旅記⑧

おはようございます。

ようやく晴れたぜ9日目。

天国列車は状態ヨシ‼でも、すでに登ってしまったのでどうでもヨシ。
c0116878_12213097.jpg

バウ12cで触ろうかと思ったけど、晴れても昨日までの雨の影響で、
ウェットコンディションなので遺憾の意を表明しといた。

とりあえずワンダーボーイでアップ済ませて、

ぶったまげ岩行ったら渇いておったんで、結露でしっぽ巻いて撤退した爆発するぜRPしといた。

昼から移動して、なんか名前が気に入ってしまった「若い者には負けられない11d」着手。

明らかに短しカチリッシュなラインで、MOSで突っ込んだけど連日遊びまくったおかげでヨレヨレで話にならず×

っても、若者に負けるほど耄碌してないので、残された体力駆使して、荒いムーブで連打して意地のRP。
案外ムーブ濃くって面白かったし。

なんか雨降りだしたんで最後にマサイ族10aをMOSして終了。

記念にぶったまげ岩のマエにて。
c0116878_12213274.jpg

青巌峡、雨やら結露やらでいいコンディションじゃなく、思ったようには登れなかったけど、
どーにかこーにか登りたかったラインは登れて良かった。
チャートはフリクションがなく、ガバでも被ったとこではチュルチュル吸われるしまつ。
じっくりラインを攻めるクライミングをしたら、あっという間にパンプが襲ってくる。
ラインを攻略するには、壁の摂理をいかに滑らかかつスピーディーに辿るのが重要。

どっちかってと、長いラインをじっくり攻めるクライミングが好きなオイラには苦手ど真ん中でした。

でも、始めてのチャートは今までにないクライミングを経験出来たし、
ムーブを淀みなく効率的に繋ぐ作業はスゲー楽しかった。

また青巌峡いこ。

いつになるかわからんけどね。


晩メシはハルさん希望でレストラン・メープル。
太平洋の彼方のキリバス共和国クリスマス島の海の塩が
どうして北海道の山奥のコインランドリーすらない村にあるのか不思議だったけど、
キリバス共和国クリスマス島の海の塩ラーメンを補給。
c0116878_12213331.jpg

どの辺がキリバス共和国クリスマス島の海なんかわからんかったけど、
あっさりウマしなラーメンでした。

肉大好きハルさんは豚生姜焼きで超回復。
c0116878_12213598.jpg

ますます前腕がアレックスプッチョ化するな。

占冠の最後の晩、またしても雨で車中泊でした。

⑨へつづく。
[PR]
by ikeda-eng | 2015-09-30 12:11 | クライミング
<< 久々のロック・バレー。 北海道2251登旅記⑥ >>