北海道2251登旅記⑨

旅も終わりに近づいてきましたね。

今日はハルさんのルーツを巡るのです。

思いで多き学舎をパトロール。
c0116878_15083342.jpg

後ろの木がなんか変。

ハルさんのクライミングのルーツその①はここ。
c0116878_15083464.jpg

立派な壁があるじゃないか。 ろくすっぽ勉強せずに部活に勤しんでおられたようです。

この学校、広すぎ。敷地に普通に広島市民球場クラスの畑あるし。
c0116878_15083564.jpg

トウモロコシてって背がたけーし。

迷子になりかけたんで撤収。

次の巡礼地の前に寄り道。

大志を抱いとけや。
c0116878_15083676.jpg

おっさんは抱くほど大志ねーし。ちなみにクラークさんはハルさんの学校の関係者ではない。
写真撮ってもらうとき公園の職員が、クラーク博士のポーズを頑なに要求するので断固拒否しといた。

ハルさんのルーツその② バイトしてた札幌のレインボークリフ。
今回の登旅でハルさんが一番行きたかったとこなのです。

受付すまして昔話もそこそこにして、さっそくハーネスはいて、
c0116878_12281774.jpg

なぜかさっそく体育館シューズ履かされます。

アップでスラックラインでおっとっと。
c0116878_12281975.jpg



堅気の人がチビる高さもクライマーに屁でっもねーっす。
だんだん高くなるポールも一目散にかけ上がっちゃいます。
c0116878_12282038.jpg

若干グラグラするけどね。

アップ済んだんで、空中ブランコでランジ。
c0116878_12282146.jpg


c0116878_12282270.jpg

堅気のひとにはビビる高さもクライマーに屁でもないので、大至急飛びついといた。

てか、ここはどこかってーと、レインボークリフに併設された「のぼのぼ」なる施設。
クライミング始めようと思ったひとに、まずは登る楽しさや体を使う面白さを感じて貰おうではないか的な施設。

最初は、なんじゃこりゃ…とおもったけど、不覚にもオッサンは楽しんでしまいました。

こういうとこからクライミングに入っていくと、確かに楽しく始められていいかもね。

もちろん、スゲーボリュームのリード壁もボルダー壁もあったんで体ボコボコになるまで連打しときました。

若かりしころのハルさんの恩人的な、ルチアさんにも会えてよかったね。
c0116878_12282360.jpg

ルチアさんのおかげで、ハルさんはビレイがウマいのでありまして、
ビレイがウマいハルさんのおかげで、じゃんじゃん突っ込んで盛大にサデクり落ちれるのです。

なので、オイラもルチアさんに感謝。

今日もしこたま動いたんで栄養補給。
c0116878_12150263.jpg

北海道の最後のバンメシは、ハルさんのリクエストで寿司。
もちろん、回ってやがる!!…やつね。


登旅記、おわりにつづく。








[PR]
by ikeda-eng | 2015-11-25 12:26 | クライミング
<< ぺと餃子。 火柱camp4ケツ。 >>