ラッキーネーブル11a。

三倉にてラッキーネーブル11aを登った。
c0116878_1421330.jpg

グレードはそんなに高くないが、まだ体が馴染んでいない岩場であり、花崗岩。
c0116878_1441640.jpg

日は暮れてきたし、体調は最悪、ムーブも全く、疲れのせいかスメアがいい感じにきかない…

体調はベストではなかった、そういった負の状態の時こそ集中力と精神力で登れる瞬間がある。

久々にヒリヒリと乾いた感じのクライミングが出来たと思う。

少し石灰岩にマンネリ感を感じていたし、花崗岩での始めての成果。

たいしたグレードではないのになに言ってんだ!と言われればそれまでだけど、この一本はオイラには重要な一本だったし凄く嬉しかった。

何と言われ様とオイラには意味が深かった。

大げさだけど、このラインは間違いなく思い出に残るライン。

このラインを最初に教えてくれたメグねえさんに感謝です。

Tキンもこの後RP。二人でいつもの雄叫びをあげた。

回収と片づけと真っ暗なアプローチに戸惑ったけど3人で意気揚々と20時に下山。

キリキリと痛む胃を押さえながら午前0時に帰宅。

いつもなら飲み干すビールも、口を着けただけで寝てしまった。
[PR]
by ikeda-eng | 2007-09-16 14:14 | クライミング・三倉岳
<< 今日はCERO。 全開道場。 >>