水晶クラック 1P 10b。

金曜日、単独行にて福山発。

途中、竹原付近で雨がパラつくも、引き返す気もなく、そのまま三倉へ。

キャンプ場には、学生達がテントを張って盛り上がっていた。

学生達の声がうるさくもあるが、誰もいない、耳鳴りがするくらいの静けさに比べたら、まだましか。

先週、あまりに寒く中々寝付けなかったので、

今回は、寒さ対策と思って、バーボンを持っていった。

「Four Roses 白」

酒を呑み始めたころ、なんだかバーボンをロックで呑むのがカッコよく見えて、

飲み仲間に教えてもらった。

そもそも、フォアローゼスに白なんてなくて、

「Four Roses ブラック」ってのはある。

でもブラックは高くて、中々頼めなかった。

普通に、「フォアローゼスください」と頼めばいいのだが、

「ローゼス 白 割り水なしで。」と頼んでいた。

なんか、「白」ってつけたほうがカッコよく思え、

わざわざ「チェイサー」を「割り水」と言い換えるところに、こだわりを持っていた。

そもそも、カッコつけようと思って呑み始めたバーボン、大した意味はなんだけどね。

今では、寒い季節なると時々思い出したようにのんでいる。

最近ではロックではなくてストーレートで呑む事もしばしば。

ノドを通る時に焼け付く感じがすると、

二十歳位の時に、知ったげにバーボンを呑みながら、夜通し騒いでいたのを思い出す。

そんな事を思いながら、外で騒いでいる学生達と当時がオーバーラップしてしまった。

疲れていたのか、二口呑んだ所で寝てしまった。



そんな事はさておき、

土曜日、べっち師、メグねーさん、カツさんと三倉源助へ。

見てください、この雲海!↓
c0116878_1321119.jpg

朝一に三倉へ行くと、こんなパーフェクトな雲海が見れます。

滅多に見れるもんじゃないらしいです。

そして、雲海を見に来たのではなく…今日の狙いは「水晶クラック 1P 10b」のRP。

先ずは1本目、

アップがてら、前回の反省点でもある、「確実なプロテクションのセット」と「フットジャム」の感じを掴むため、

テンションかかってもいいから、どの辺に何番キャメをセットして、手と足の位置関係を掴む。

要は、RPに向けての戦略的なものを練ろうではないかと思って、ロープを結んでスタート。

慎重にストッパーをセットしながらコーナー、そして第一核心のハングへ。

キョンで安定させて、軽くシェイクを入れてムーブを起こす。

思ったよりも軽く突破出来た。

ハングを超えた所でしっかりレストを入れて右上クラックへ突入。

慎重にハンドジャムをきめて、チョット悩みながらもキャメをセットしていく。

段々と悪くなっていくハンドジャムを、しっかりフットジャムを効かせて体を安定させ、高度を稼ぐ。

高度と共に、一手だすと共に、クラックに体力を削られていく。

核心手前で♯2キャメをセット。

悪い態勢ながらも、一つ息をつく事が出来た。

前回に比べると、まだ余裕があった。

核心部へ突入。

悪いハンドジャムで耐えながら、右足をフェイスにスメアして、一気に左足を上げて、フットジャムを効かせて手を飛ばす。

悪い右手ジャミングを耐えながら左手を上げて、体をズルズル上げる。

完全にスイッチが入っていたのか、ランナウトも気にならない。

クラックに吐き出されそうになりながらも、残る体力で耐え切った。

何とか最後のポケットを掴むことが出来た。RP成功!

ハング手前のコーナー地帯↓
c0116878_13514724.jpg

多分、核心でもがいてるヘン↓
c0116878_1352029.jpg

RP出来て、いもしない観客達にこたえるオイラ↓
c0116878_13521780.jpg

やっぱRPは朝まづめ時に限りますな。

これで、エルキャピタン ゴールデンゲート41P に一歩近付くことが出来た。なんちゃって。

水晶クラックRP、ムチャクチャ嬉しかった。

メグねーさん、ビレイありがとうございました。

べっち師、キャメと撮影、ありがとうございました。

石灰岩の逆さシェイク11cをRP出来たときに、ようやくクライマーらしくなれた様な気がしました。

まだまだ、色々なクラックを登らないといけないけど、

そういう意味で見れば、水晶クラックRP出来て、クラッカーらしくなれたかもしれない。

思い出に残る一本なのは間違いない。

このあと、メグねーさんの「フォールインラブ 11b」のRPトライを応援。

核心部をスムーズにこなすねーさん↓
c0116878_14233688.jpg

11b、サラッとやってのけるあたりは流石です。

この後、カツさんもRP。こちらもサラッとやってのけられてました。

写真は、華麗な懸垂下降を見せる、カツさん↓。
c0116878_14281495.jpg

そして、「クレオパトラの夢 13a」をトライするべっち師を見学↓。
c0116878_14264339.jpg

ビレイしながら、カツさんのジャイアントステップ 12cのトライに見入る。

花崗岩のスラブにしろ、フェイスにしろ、

石灰岩カブリ系の流れるようなムーブとは異質な、花崗岩独特の乏しいホールドを、

スメア気味のスタンスで、フリクションを効かせながら、ジリジリとエッジを押さえにいく感じ…。

ムーブの引き出しはモチロン、体の芯の力+精神力的な部分が要求されるのだろうか。

花崗岩12+、13と見学させてもらったのだが、かなりいい勉強になった。

そして、マロン壁で素人扱いされて、アプローチでサデクリこけて遅れてやってきたTキンズ↓。
c0116878_14485526.jpg


最後に、ラーキングフィア対策で10d?のスラブやりましたが、自分で自分が気の毒になるくらい、サデクリました。

ダイコンすりのように滑りました。

まあ、いい仕事が出来た一日だったのでヨカッタヨカッタ。

いよいよ、源助崩れは「モルモットクラック 11a」に突入開始です。

そして、ある意味避けて通っている、チムニー、オフィドゥス、ワイドクラックに取り組んでいかねば…。

みなさん、次回も4649!!

。。。。。

そして、パーフェクトなモミジの応酬。
c0116878_1505054.jpg

c0116878_151368.jpg

c0116878_1511753.jpg

c0116878_151313.jpg

そして、三倉のタロー。
c0116878_1515626.jpg


三倉のモミジを見るなら、今がいい感じっす。
[PR]
by ikeda-eng | 2007-11-18 13:18 | クライミング・三倉岳
<< Sonnie Trotter. 明日も三倉。 >>