熱い?暑い?ボルダリング。

土曜日、ふ~さんと櫃ヶ山~星山縦走の予定が、夜明け間際の大雨のおかげで、ふ~さん家が陸の孤島と化してしまい中止。

なので早朝から何をするでもなくボケボケとするも、雨のおかげでカヤックも乗れんし、チャリも乗れんので、

思いついたのが…自動車整備なのです。

ようは仕事しました。結局一日中。


で、日曜。

ボルダー力の底上げをはかるべく、クマ氏率いる福山ボルダリング部隊と、

府中のエリア→神辺のエリアと、課題と日陰を求めてウロウロ。

いつしかシルクロードのテーマがココロの中で流れてました。
c0116878_15534587.jpg

c0116878_16263670.jpg

不快指数100%のなか、やぶ蚊と闘い、湿気と花崗岩の粒子に皮膚を奪われ、

ホールドを捉えに行く指先に魂を込め、手のひらでフリクションを感じとり、貧弱なスタンスに哲学を感じながら、ジリジリとムーブをこなした。

ベストコンディションには程遠い状態だったけど、3級課題2本登れたし、

花崗岩ボルダリングの感覚を何となく取り戻せてきたので、オッケイかな。

神辺エリアの3級は特に良かった。

その横の1級のフェイス課題にはココロ奪われるモノがあった。

この冬には何本か初段クラスの課題を手にしたい。

そして、最近始めたばかりのアスカ氏の課題に対するモチはいいモノがあった。

彼女には、色々なクライミングを経験して、もっと強くなってほしいもんだ♪

そして育ってくる下の世代に驚異を感じるオイラとクマ氏でした。





今日の教訓。

福山の若い衆は、飛んでばっかじゃなくて親指の肉球とカチを鍛えましょう。

スタンスは親指で掴むのです。
[PR]
by ikeda-eng | 2008-07-07 16:38 | クライミング
<< 疲れているのよ。 新しい命。 >>