マメオさん達と三倉へ。

どうも。

ここんトコの週末三倉通いで、週明けにはいつも膝がガクガク笑ってます。

こないだ、あまりに腰が痛いので整体にいったら、

先生・「何やったら、こんなに腰とかお尻の筋肉硬くなるの?」と聞かれたので、

オイラ・「仕事(クライミング)」と言っておきました。

先生・「やっぱ、仕事(整備士)柄、中途半端な姿勢が多いからかねぇ。」

だって。

クライマーをなめてもらっちゃこまりますな。
c0116878_18362471.jpg

c0116878_18363898.jpg

今週末も、三倉クラックにクライミングのエレメントを求めて三倉へ。

今回は初三倉のマメオさん、そして実は三倉は数回目のアラミちゃんを、ホストとしてご案内。
c0116878_1846238.jpg
c0116878_18461382.jpg

c0116878_18472035.jpg

まずはモアイクラックとヒップクラックを楽しんでもらった。

このあたりは問題なさそうなので、三倉10台クラックのオイラ的おススメルート「水晶クラック10b」をトライしてもらったとこで、雨がパラパラと…。

ぜひ、触ってほしかったモルモットクラックにTRをセットしに上がったところで大雨になったので、初日は早めに撤収。

3人で温泉にいき、
c0116878_191889.jpg

のち、TO隊長、おメグ、仕事上りに急きょ参戦のべっち師と…いつもの三倉メンバーが加わり、

マメオさんのヒップクラックの最後の粘りや、水晶クラックで魅せたアンダーレイバックムーブで盛り上がった。

そしてオイラは、あらみちゃんの、簡単ながらワンパンチが効いた料理の虜になりました。

二日目、三倉マスターべっち師の、Bコースガイドを聞きながら、みんなで青白ハングへ。

途中、

林の中に佇む巨岩に走るクラック、「ワッフル 10c」をべっち師に教えてもらった。

下部は被ったハンドクラックを右上し、OWのパートを抜けて岩の上部へトップアウトするライン。

この素晴らしくカッコいいラインに惚れてしまった。

岩の基部に立ってラインを見ると、クラックの節理に何となく弱い部分を見れた。

もう少しクラック技術を磨いて、

クラックの節理に完全にライン(弱点)が見て取れるようになったら、オンサイトトライしてやろう。

前日の夕立ちで、青白ハングの状態は良くなかった。
c0116878_1974933.jpg

そんな中、マメオさんの兵隊クラックOSは素晴らしい成果だった。

下部核心のハンドジャムをビシッと効かせて抜けて行った時は、ちょっと惚れました。

昼、状態の悪い青白から、風通しのよい源助へ移動。

そして、今日一番の見せ場、TO隊長とマメオさんの水晶RPトライをビレイ&応援。

お二人とも完登ならずだったけど、死力を尽くしたトライに、いいモチベーションをもらった。

久々に、水晶クラックをフォローで登ったけど、出だしのフェイス、コーナーからの乗っこし、

そしてハンドサイズからワイドへフレアーしながら広がるクラック、最後に待ち受ける核心。

色々な要素が詰まった素晴らしいルートであることを再認識できた。

オイラとおメグは、憩いのテラス下の「猫まねき 11a」をトライ。
c0116878_19304128.jpg

甘い考えで取りついてみたものの、見事に弾き返された。

執拗にワイドクラックの奥に潜むハンドサイズの節理に手を突っ込み、

ニージャムの意味を理解した時には、もはや時すでに遅し。

ボロボロになった左手では、体重を支える事もできず、ギャストンを抑える右手はどんどんと開いき、ニーを割れ目に突っ込んでも、エネルギーを失った体幹は、クラックの中にいることを拒んだ。

自分に足りない部分をもろに見せつけられたような気がした。

今日も己を追い込み、

そして、みんなで楽しく過ごせた。



マメオさん、今度はベストシーズンの秋に是非来てください。

そして、水晶クラックをRPしてくださいね。

水晶クラックを抜けて、レッジに立って、後ろを振り返ると足もとに紅葉が広がってます。

素晴らしい達成感を感じる事が出来ると思いますよ。

また三倉行きましょう。








今日の教訓。

少々の擦り傷なんか、気にしちゃあいけません。

擦り傷作って、RPして、風呂に入ってヒリヒリしながら、

RPの感慨に耽るのも、三倉の楽しみの一つだな。


また来週!!





おまけの一コマ。
c0116878_19522611.jpg

木にとまる、マメオさん。
[PR]
by ikeda-eng | 2008-07-22 19:29 | クライミング・三倉岳
<< 土星人Ⅴ NOMO. >>