三倉岳。

c0116878_19405629.jpg

ありえんくらい、いい天気の三倉へ。

メンバーは、オイラ、相変わらずバムってるTO隊長、広島一の口車の使い手おメグ、そして最近我々の地位を脅かしつつあるAちゃん。

外岩ロープクライミング2回目にして、早くも三倉進出を果たしたAちゃん、

源助崩れへのアプローチも難なくこなした。

初三倉で文句一つも言わんかったから、大したもんだ。

オイラは、初三倉のときは、ネーさんに文句タラタラ言いながら歩いたんよね。

ちょうど一年くらい前かな。

さておき、

先ずは、三倉の爽快なクライミングを堪能してもらうべく、モアイクラックTRトライ。
c0116878_19484571.jpg

途中、いままで経験した事のない露出感に、セミになりかけるも、クラックまではノーテン。

さすがにクラックの部分はテンション入りまくったけど、

上部核心のチョックストーンはハンドジャムで抜けきった。

これにはオイラもビビった。

立派立派。

そして昼からは、TO登攀教室にて、
c0116878_1954119.jpg

はじめての三倉で、隊長指導のもとに、懸垂下降をマスター。

ギヤのセットなんかも難なくこなし、ゆっくりながら、しっかりと下降しておった。

いい時間になったところで…

最後に「なんかTRで登る?モアイクラックか、猫のひめいにでもTRかけようか?」

って聞いたら、

「TOさんがやってる、モルモットクラックがやりたい!」

ってなわけで、

いきなり、三倉ハンドクラックの王道、モルモットクラック11aにTO隊長とともにトライ開始!
c0116878_1959493.jpg

さすがに、こいつには歯が立たなかったけど、その挑戦心には一同関心した。

一人の若い、駆け出しのクライマーに、いいモチベーションをもらえた。

んで、オイラと一徹おメグは、猫まねき11aで、血で血を洗う抗争を開始。
c0116878_2024967.jpg

下部核心のワイドクラック、前回は無我夢中で突破、今回は手の送りや足の送りを考えてたら、中々突破できず。

考えた結果、肩とジャムを全開でロックし、ニーと左肩と腹筋背筋で、何とかクラックにとどまり、

左のジャムをずらしながら、右手の順手を射して、左手の逆手を送る、そして右手の順手を射しつつ足を左のニーから、右のフットジャムへ。

そしてこれら一連の動きを無呼吸でこなした。

クラック抜けて、#0.75キャメを決めて、初めて肩で息が出来た。

次の乗っこし、パーミング気味のガバが、強い日差しでヌメってしまいクリップする前に剝されてしまう。

大フォールを二回したところで、もはや動けなくなった。

そして、果敢にワイド部分を攻めるおメグ。
c0116878_20151093.jpg

オイラとは体が逆の入り。

クラックの左の外にある、意味不明なカチを保持しようと奮闘。

小さい体を、クラックにねじ込んで、体全体でクラックに挑んでいた。

オイラ的に、前回よりも、いい感じで抜けれたので、オッケイかな。

今日もワイドクラックの粒子を体で感じ取った。

今回、初めてクラッククライミングを経験したAちゃん。

どうやら、かなりのクラッカーになりそうな気配です…。



そして日曜日、仕事をサクッとこなして、家におったら、従兄のが子供連れてやってきた。

が、最近従兄のこに大至急人見知られているので、子供が泣き出す前にスタコラ備中へ。

そんなわけで昼からTキンズと権現へ。

c0116878_2040030.jpg

が、土曜日に三倉で振り絞ってしまい、疲労で体がガチガチ。足が上らんのですよ、要は。

河原ベイトやりましたが、1テンに追い込むのがヤットコサでした。

全体の流れはバッチシなので、次回は一撃食らわしたいと思います。

あ~情けな。






また来週!!
[PR]
by ikeda-eng | 2008-08-11 20:31 | クライミング・三倉岳
<< 日々つれづれ。 日々つれづれ。 >>