青白ハング。

三倉クライミングの時、

ギヤやらおやつやら詰め込んだザックは20㎏近くなります。

パッキングが下手くそ、大して必要ないもん持って行きすぎ、なんて事実もあり。

とりあえずアプローチでへばってたらクラックなんて登れたもんじゃねーし。

なもんで、ケツの筋トレ兼ねて青白ハング。

我が隊貸し切り。
c0116878_08152607.jpg

そのかわり風が吹きっさらし。シコタマ寒いし。

アップ兼ねて、兵隊クラックでA.S隊を吊し上げる。
c0116878_08163866.jpg

どーよ、ジャミングは難しかろ

ラッパハングをノーテンで調子こいて登れたんで、
さらに調子こいて、むかーし昔にOSしたモスクラックに再登狙いで突撃。
c0116878_08152710.jpg

三倉の至宝と呼ばれるだけあって、内容盛りすぎ、最後のワイド突入で果てた。

たまにフラッと来た位で登らしてくれるほど甘くはないワケで。

何も知らされず、セカンドで引っ張りあげられるハルさんの炎の回収劇。

終了点から眺めておったら、
絶対落ちたくない気迫全開でワイドクラックを這い上がってくる。
最後のオフィズス抜け口、指から血を出しながら5番キャメ握りしめて這い上がってくる様は、
貞子や伽椰子ごとき敵ではなかったね。

終了点から懸垂下降。
自分でプロテクションをセットし、全てを回収。
c0116878_08152968.jpg

登りきった後、そのラインには何も残らない。

スッキリしてよい。


忘れかけてたジャミングの感じとワイドクラックの体中を使って登る感じ、

クラッククライミングの感覚を何となく取り戻して来たかな。


[PR]
# by ikeda-eng | 2017-03-31 11:00 | クライミング・三倉岳

三倉岳。

ゼッタイ登りたいラインの一つだった、コウモリ谷の「呪い」RP 。

さて次はどうしたもんかと考えるも、職場環境の盛大な変化に翻弄されてイマイチ体調ワルし。

そうなると色んな事を考えてしまうわけで。

読みました、岩と雪。rock climbing読みました。

オリンピック特需で増える一方のジムとクライマー(ボルダラー)。。

登るとは?スタイルとは?何を求めて?
岩を登るとは?その先に何がある??



そしてとりあえず思いついたのが、

増える一方のクライマー(ボルダラー)と杉花粉からの逃走。

たどり着いたのは三倉。

スポート中心だった最近の登りからトラディショナルな登りに比重を移そう。
何か得るものあるかもね。

っても、トラッドばっかじゃなくて、スポートもちょいちょいヤリマスヨ。


ナチュプロ詰め込んだザックが肩にめり込みますな。
c0116878_06274234.jpg

ぎりぎりノーテンでたどり着いたのは東壁エリア。

久しぶりなクラッククライミングなもんで、
想定以上の必死のパッチ。

下手くそになったナチュプロ、
レイバックのランナウトにビビりまくり、
はるか足下で何かフワフワするキャメがさらに情緒を醸し出す。
c0116878_20451921.jpg

たまに来た位であれこれサクサク登れるほど甘くはねーな。


でも、三倉の冒険的なクライミングは刺激的で、トップアウトした時の体中に行き渡る達成感はヤバい。

忘れていたコト思いだした。惹かれたクラックがあった。

ダイヤモンドクラックと与作クラックとジェードルクラック。

そして、べっち師が登る姿を見て惹かれたライン、フェイスラインだけど、
その摂理に惚れてしまった、ペイシェンス。

次の目標、先ずはどれか一本のクラックを登り、
時期を見てペイシェンスの摂理を辿ろう。







[PR]
# by ikeda-eng | 2017-03-23 20:45 | クライミング・三倉岳

三倉岳。

ゼッタイ登りたいラインの一つだった、コウモリ谷の「呪い」RP 。

さて次はどうしたもんかと考えるも、職場環境の盛大な変化に翻弄されてイマイチ体調ワルし。

そうなると色んな事を考えてしまうわけで。

読みました、岩と雪。rock climbing読みました。

オリンピック特需で増える一方のジムとクライマー(ボルダラー)。。

登るとは?スタイルとは?何を求めて?
岩を登るとは?その先に何がある??



そしてとりあえず思いついたのが、

増える一方のクライマー(ボルダラー)と杉花粉からの逃走。

たどり着いたのは三倉。

スポート中心だった最近の登りからトラディショナルな登りに比重を移そう。
何か得るものあるかもね。

っても、トラッドばっかじゃなくて、スポートもちょいちょいヤリマスヨ。


ナチュプロ詰め込んだザックが肩にめり込みますな。
c0116878_06274234.jpg

ぎりぎりノーテンでたどり着いたのは東壁エリア。

久しぶりなクラッククライミングなもんで、
想定以上の必死のパッチ。

下手くそになったナチュプロ、
レイバックのランナウトにビビりまくり、
はるか足下で何かフワフワするキャメがさらに情緒を醸し出す。
c0116878_20474255.jpg

たまに来た位であれこれサクサク登れるほど甘くはねーな。


でも、三倉の冒険的なクライミングは刺激的で、トップアウトした時の体中に行き渡る達成感はヤバい。

忘れていたコト思いだした。惹かれたクラックがあった。

ダイヤモンドクラックと与作クラックとジェードルクラック。

そして、べっち師が登る姿を見て惹かれたライン、フェイスラインだけど、
その摂理に惚れてしまった、ペイシェンス。

次の目標、先ずはどれか一本のクラックを登り、
時期を見てペイシェンスの摂理を辿ろう。







[PR]
# by ikeda-eng | 2017-03-23 20:45 | クライミング・三倉岳

ゲンバと人生。

脚光を浴びる事はない我が人生とクライミングライフ。
c0116878_10290753.jpg

けれどアーク放電の紫外線とヒュームは浴びれる。
そんな生き方、ワルくねーな。
楽しくも苦しくもクライミング人生とゲンバ。
[PR]
# by ikeda-eng | 2017-03-13 10:28 | クライマーズ・ライフ

年末年始②

30、31で四国旅。

ケンピ喰いたくてさ。

高知の山の中をウロウロしまくってどうにか明戸岩たどり着いた。

100岩場のトポじゃあたどり着けんね。

くそ寒いの辛抱しながら掃除しとったら、しいちゃん集合。
c0116878_08114922.jpg

お目当てトライの前に栄養補給。

c0116878_08115083.jpg

お茶屋餅ウマし。ニッキの風味がよいではないか12c。

いりもち喰って元気になったんで突撃。
c0116878_08115125.jpg

ライトニングボルト一撃成功。

耐寒テールゲートパーリー開催。
c0116878_09282088.jpg

いつもの事ながら21時過ぎに意識喪失。

トシのせいか、少し早起きになったしいちゃんと鳴動門。
c0116878_13213722.jpg

たぶんこれが喰いたいがために四国山奥まで来るのはオレくらいなもん‥な、
ケンピをガリガリ喰いながら12触ってみたけど、
意味不明なんでしっぽまいて撤退。

みんなで色々シェアしながら年越し。
c0116878_08115261.jpg

年越しうどんと年越しハンバーグなり。
刺身こんにゃくがプリプリしてうまかった。

紅白がどーなったかなんてしらない。

ラジヲすらろくすっぽ入らないとこにいたもんで。

山奥過ぎて朝日を見ようツアーが出来ないんで、
c0116878_08115364.jpg

朝一仁淀ブルーツアー決行。
堰に貯まった水すら青く透けてますな。

寒すぎて、観光しながら福山撤収。
帰りに寄った四万十川より仁淀川のが綺麗なり。

寒いから撤収したわりには、同じくらい寒い霧降る渓谷、時は正月2日。
c0116878_08115570.jpg

エリアはランナウトの国、メンツはいつもの人々。
明けましておめでとー。

四国では成果イマイチも、
ちょっと~11aをRPで開幕スタートダッシュ決めたハルさん。
c0116878_08115672.jpg

ランナウトと痛々しいコマカチに耐えに耐えとりました。
よくガンバったもんだ。

みなさん、今年もヨロシク。
c0116878_08115745.jpg

真っ直ぐテクテク歩くように一年ガンバってこ。


[PR]
# by ikeda-eng | 2017-01-11 07:10 | クライミング