カテゴリ:クライミング・三倉岳( 45 )

秋じゃね、三倉

盛大に暑かった、盛大に雨ばっか降った…夏も終わったすな。ヨシヨシ。

秋も始まり、ソワソワ。

三倉免許皆伝べっち師と三倉。

実のっとるね。
c0116878_16225016.jpg

ちょっと寒いなと思いつつ、路肩の気温計みたら、
c0116878_16324129.jpg

6℃!

そんな訳なかろうと思って、振り向いたら、
c0116878_16341370.jpg

道を隔てた気温計は12℃。

まあえっか。

まずは突撃隣の朝ごはん。
[PR]
by ikeda-eng | 2011-10-03 20:22 | クライミング・三倉岳

三倉。

週末の好天、いつ以来かな…。

c0116878_1740476.jpg

久々に三倉。



c0116878_185828.jpg

久しぶりの外岩、久しぶりの花崗岩。仕事で疲れた体とは裏腹にモチだけは高い。

そして久々のマルチピッチ。

パインツリートリップ4P ナチュプロマルチピッチクライミング。

核心の3ピッチ目、
決して難しいムーブじゃないけど、高さと露出間からくるプレッシャーと戦いながら、
自分のセットしたナチュプロを信じてヒリヒリとしたクライミング。
水平クラックをトラバースして、核心の最後の立ちこみからの一手…ガバを掴んだ時はサイコーにホッとした。

無事4ピッチ上りきり、懸垂下降にて取り付きへ。

腰にぶら下げていた、傷だらけのコーラが奮闘的クライミングを思い出させてくれた。


緑の間から見る、
c0116878_186513.jpg

花崗岩と雲と青空との境界線は、いつ見ても綺麗じゃね。

おまけ。
[PR]
by ikeda-eng | 2011-09-26 18:12 | クライミング・三倉岳

好天三倉。

c0116878_18524488.jpgともしょう氏と三倉。

ガチャ類を詰め込んだ、いつもより重いザック。
前の日にガンバり過ぎたのか、足がダルクってしょうがない。

途中、椿が散らばった、思わぬ出迎え。

ゆっくりアプローチを歩きながら、花崗岩クライミングやエリアの話をウダウダ。
















青白ハングへ。
三倉神御一行もやってきて、いつになく賑やか。

c0116878_1925928.jpg久々にクラックモード。
アップを済ませ、空を見上げると太陽に虹がかかってた。

「モスクラック」
ハンドサイズの快適なクラックから始まり、スクイーズチムニー、オフィズス…。
そして岩の頂上へトップアウト。
ランナウトに耐えながら、幅が広く、そしてフレアーしたクラックの中で、
精神力と体力、自分をコントロールしながら高みを出口を目指す、一本のクラック。
いつ見ても存在感がある。
三倉の神様曰く、

三倉の至宝。











過ごしやすい天気の中、
久々に花崗岩のラインをマスターOSトライ。
フェイスとスラブが入り混じるライン。
指先に力を込め、スタンスを集中力で捉え、ジリジリとしたムーブをこなす。
核心のトラバースを抜け、壁に散らばる貧弱な弱点を確実に捉えていく。
渇きに耐えつつ、全てがウマく繋がった。MOSできた。


夕方、ヘトヘトになるまで登った。


クラックにスラブ、三倉で登りこむと虚脱感著しい。


でも、それ以上に得られる充実感がたまらなく楽しい。

奈落の底の「魳」
[PR]
by ikeda-eng | 2011-04-18 19:32 | クライミング・三倉岳

Crack.

c0116878_18523087.jpg

岩の摂理、プロテクションの位置とロープの流れ…ラインを読み、考える。

恐ろしければプロテクションをたくさん取ればいい、

自信があるならプロテクションを取らなければいい。

精神力と体力をコントロールしながら登る。




全てはオンサイトに向けての戦略。
[PR]
by ikeda-eng | 2011-03-22 19:03 | クライミング・三倉岳

雪々花崗岩。

c0116878_1846236.jpgありえんくらい寒い土曜、

こんだけ寒いと花崗岩登りたくなっちまいます。
やっぱカンテです。

んなわけで、べっち師と三倉。

とりあえず三倉三大?カンテの一角…スウィング攻めてみた。

怒涛の3トライするも、1テンで攻めきれず。。。
核心カンテ切り返しムーブは出来たんだけどね。

安易に置いたスメアがスリップ…しゃーない。これも実力。
カンテをつかむ手を意識しすぎて、粒子を捉える足に集中しきれてなかった。







c0116878_1853154.jpg
べっち師がやってた11cのスラブ。

のっぺり。なんもなかった。

オイラ的、登れる気配なし。
でも、福岡のムーチョ氏はフラッシュしたらしい。職人芸ですな。



雪チラホラ…ABCフェイス移動。

c0116878_18572541.jpg
コメカミ痛いくらい寒い。
温度計見たら2℃。もちょっとで0℃。

でもコーラZEROは呑んだった。
キンキンに冷えてウマい…ような気がした。

寒いんでチョコ食っても口どけナシ。









c0116878_1903293.jpg雪、だんだん吹雪化。

気合いでザッパの嘆きOSトライ。

手足指先だんだん感覚マヒ。

でもフェイスに散らばるカチ握りこんだ。
カンテのフリクション感じ取った。

気合いのMOS。

そして寒さが限界超えたので、べっち師にお願いして岩場撤退。

最後にいい仕事できたんでヨシ。

気力体力全てを花崗岩と雪に削り取られた。

デモ、ガンバッテオージ!
[PR]
by ikeda-eng | 2010-12-27 19:30 | クライミング・三倉岳

三倉のカンテとスラブッ!

日曜、天気ビミョーながらもウルトラ早起きにて三倉出動。

狙うは三倉三大カンテの一角、「新世界11d」


よって朝っぱらからパワー補給。
千なりどら焼き食いながら、三倉免許皆伝べっち師待ち伏せ。

c0116878_18264713.jpg

千なりどら、、、あんこと皮のバランスが良くってウマし。どら焼きスタンダードじゃね12a
なかなかウマかったけ、べっち師奥さんに進呈しとこうではないか。

てくてく歩きながら、あーだこーだクライミング談義。
c0116878_18341696.jpg

三倉の紅葉はまだ早いよう…再来週あたりがみごろかねぇ。

いざ新世界へ。
[PR]
by ikeda-eng | 2010-11-01 19:33 | クライミング・三倉岳

三倉いろいろ。10.10..

連休は三倉でいろいろ。

いつもどうりにジャムおじさんより早起きして出発。

おや偶然です。駐車場にて三倉免許皆伝べっち師とイシOさんと遭遇。

んで、若干焼酎臭漂うムーチョ氏チームとウダウダ。

とりあえず宴会ナイトの固い契りを交わして出発。

前日のクソ雨のせいか菌類達は潤っておりました。
c0116878_18263832.jpg

さわったらプルプルしとった。

ずっしり重いナチュプロ背負って、テクテク。
c0116878_18282754.jpg

いつ見てもカッコよしな山ですな。

花崗岩イイネ!
[PR]
by ikeda-eng | 2010-10-14 19:07 | クライミング・三倉岳

三倉・下の岳周辺。

土曜晩、飲みからとっとと撤収。

そそくさとガチャ類をザックにねじ込む。

んで、日曜AM4:15起き。

パンかじりながら、夜が明けきらぬ山陽道を西へ。

途中、ちょこっと寄った沼田PAのコンビニで衝撃の光景!
c0116878_11312824.jpg

なんと、あんこの国の古見屋羊羹が売っているではないか!

安芸の国にも、あんこの国が進攻…ヌゥゥ。

とりあえず感謝デーで2割引き中だったので入手。

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-12-08 11:57 | クライミング・三倉岳

山のもみじと霧降る渓谷の羊羹たち。その①

朝、ワクワクしすぎてAM4:00起き。

タイトルに魅かれて購入「てづつみ粒あんぱん」で、あんこパワーチャージ!
c0116878_18242147.jpg

名前負けですな。皮イマイチ、粒あんまあまあの11a。

まあ一応パワーはチャージできたのでヨシ。

三倉麓のマックスバリューにて、6:40にべっち師待ち伏せ。

べっち師すらビビる時間にスーパーで合流成功。

クラック初体験のボッチさんと駐車場で合流。

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-09 19:09 | クライミング・三倉岳

落ちらんねぇ…。モスクラック10a

暑いすね。

仕事なんて、やってらんないすね。

イケダエンジニアリングは今日もサマータイム。

さて、

土曜は、TO隊そしてN田君と三倉へ。

途中、SAエリアで

八天堂のあんぱんを補給。
c0116878_15252214.jpg

あんぱんよりむしろ、酒まんじゅうだすな。

美味いけど、パワー感はイマイチ。

これから繰り広げるであろう戦いを想像しながら、

イマイチだったあんこパワーに一抹の不安を感じつつ、三倉へ到着。
c0116878_13503541.jpg

c0116878_13504919.jpg

さすがに梅雨。

恵まれすぎた天気、そして湿度タップリの空気のなか、ダラダラ汗かきながら、

何とかノーテンでアプローチをこなす。

エリアは青白ハング。

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-06-22 13:59 | クライミング・三倉岳