カテゴリ:クライミング・三倉岳( 42 )

Crack.

c0116878_18523087.jpg

岩の摂理、プロテクションの位置とロープの流れ…ラインを読み、考える。

恐ろしければプロテクションをたくさん取ればいい、

自信があるならプロテクションを取らなければいい。

精神力と体力をコントロールしながら登る。




全てはオンサイトに向けての戦略。
[PR]
by ikeda-eng | 2011-03-22 19:03 | クライミング・三倉岳

雪々花崗岩。

c0116878_1846236.jpgありえんくらい寒い土曜、

こんだけ寒いと花崗岩登りたくなっちまいます。
やっぱカンテです。

んなわけで、べっち師と三倉。

とりあえず三倉三大?カンテの一角…スウィング攻めてみた。

怒涛の3トライするも、1テンで攻めきれず。。。
核心カンテ切り返しムーブは出来たんだけどね。

安易に置いたスメアがスリップ…しゃーない。これも実力。
カンテをつかむ手を意識しすぎて、粒子を捉える足に集中しきれてなかった。







c0116878_1853154.jpg
べっち師がやってた11cのスラブ。

のっぺり。なんもなかった。

オイラ的、登れる気配なし。
でも、福岡のムーチョ氏はフラッシュしたらしい。職人芸ですな。



雪チラホラ…ABCフェイス移動。

c0116878_18572541.jpg
コメカミ痛いくらい寒い。
温度計見たら2℃。もちょっとで0℃。

でもコーラZEROは呑んだった。
キンキンに冷えてウマい…ような気がした。

寒いんでチョコ食っても口どけナシ。









c0116878_1903293.jpg雪、だんだん吹雪化。

気合いでザッパの嘆きOSトライ。

手足指先だんだん感覚マヒ。

でもフェイスに散らばるカチ握りこんだ。
カンテのフリクション感じ取った。

気合いのMOS。

そして寒さが限界超えたので、べっち師にお願いして岩場撤退。

最後にいい仕事できたんでヨシ。

気力体力全てを花崗岩と雪に削り取られた。

デモ、ガンバッテオージ!
[PR]
by ikeda-eng | 2010-12-27 19:30 | クライミング・三倉岳

三倉のカンテとスラブッ!

日曜、天気ビミョーながらもウルトラ早起きにて三倉出動。

狙うは三倉三大カンテの一角、「新世界11d」


よって朝っぱらからパワー補給。
千なりどら焼き食いながら、三倉免許皆伝べっち師待ち伏せ。

c0116878_18264713.jpg

千なりどら、、、あんこと皮のバランスが良くってウマし。どら焼きスタンダードじゃね12a
なかなかウマかったけ、べっち師奥さんに進呈しとこうではないか。

てくてく歩きながら、あーだこーだクライミング談義。
c0116878_18341696.jpg

三倉の紅葉はまだ早いよう…再来週あたりがみごろかねぇ。

いざ新世界へ。
[PR]
by ikeda-eng | 2010-11-01 19:33 | クライミング・三倉岳

三倉いろいろ。10.10..

連休は三倉でいろいろ。

いつもどうりにジャムおじさんより早起きして出発。

おや偶然です。駐車場にて三倉免許皆伝べっち師とイシOさんと遭遇。

んで、若干焼酎臭漂うムーチョ氏チームとウダウダ。

とりあえず宴会ナイトの固い契りを交わして出発。

前日のクソ雨のせいか菌類達は潤っておりました。
c0116878_18263832.jpg

さわったらプルプルしとった。

ずっしり重いナチュプロ背負って、テクテク。
c0116878_18282754.jpg

いつ見てもカッコよしな山ですな。

花崗岩イイネ!
[PR]
by ikeda-eng | 2010-10-14 19:07 | クライミング・三倉岳

三倉・下の岳周辺。

土曜晩、飲みからとっとと撤収。

そそくさとガチャ類をザックにねじ込む。

んで、日曜AM4:15起き。

パンかじりながら、夜が明けきらぬ山陽道を西へ。

途中、ちょこっと寄った沼田PAのコンビニで衝撃の光景!
c0116878_11312824.jpg

なんと、あんこの国の古見屋羊羹が売っているではないか!

安芸の国にも、あんこの国が進攻…ヌゥゥ。

とりあえず感謝デーで2割引き中だったので入手。

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-12-08 11:57 | クライミング・三倉岳

山のもみじと霧降る渓谷の羊羹たち。その①

朝、ワクワクしすぎてAM4:00起き。

タイトルに魅かれて購入「てづつみ粒あんぱん」で、あんこパワーチャージ!
c0116878_18242147.jpg

名前負けですな。皮イマイチ、粒あんまあまあの11a。

まあ一応パワーはチャージできたのでヨシ。

三倉麓のマックスバリューにて、6:40にべっち師待ち伏せ。

べっち師すらビビる時間にスーパーで合流成功。

クラック初体験のボッチさんと駐車場で合流。

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-09 19:09 | クライミング・三倉岳

落ちらんねぇ…。モスクラック10a

暑いすね。

仕事なんて、やってらんないすね。

イケダエンジニアリングは今日もサマータイム。

さて、

土曜は、TO隊そしてN田君と三倉へ。

途中、SAエリアで

八天堂のあんぱんを補給。
c0116878_15252214.jpg

あんぱんよりむしろ、酒まんじゅうだすな。

美味いけど、パワー感はイマイチ。

これから繰り広げるであろう戦いを想像しながら、

イマイチだったあんこパワーに一抹の不安を感じつつ、三倉へ到着。
c0116878_13503541.jpg

c0116878_13504919.jpg

さすがに梅雨。

恵まれすぎた天気、そして湿度タップリの空気のなか、ダラダラ汗かきながら、

何とかノーテンでアプローチをこなす。

エリアは青白ハング。

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-06-22 13:59 | クライミング・三倉岳

トム核心突破で、しじゅうまえ。

おはようございます。

だるだるな朝ですな。

で、

土は、

チーム隊長と帝釈へ。

今朝は油木百彩館にて、
c0116878_8412770.jpg

c0116878_8415177.jpg

色とりどりの野菜を眺めたのち、

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-06-08 08:48 | クライミング・三倉岳

三倉。

土曜日、

yoneさんそしておメグ、オイラで三倉へ。

久々のアプローチ、マムシに出会ったりしながら源助までヒイこら歩いた。

ガチャを詰め込んだザック、やっぱ重いわ。

今回が初三倉のyone 氏、先ずはモアイクラックにトライしてもらう。
c0116878_16455078.jpg

c0116878_1646388.jpg

初めてのクラックとは思えないくらい、安定した登りで見事RP。

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-06-01 17:23 | クライミング・三倉岳

三倉岳 源助崩れ。

べっち師、N田君と、三倉源助へ。

気がつけば、今年初。

片道1000円の恩恵を受け、
c0116878_17494137.jpg

久々の花崗岩に少し緊張しながら、いつもより早く到着する事ができた。

先ずはモアイクラックでアップを済ませ、

去年の宿題だったコイツにトライ。
c0116878_17543243.jpg

覆い被さるようなワイドクラックの入り口に#4キャメをセットし、左手を深い所にジャム。

ガッチリと食い込んだ#4キャメを信じて、

強引に左の肩、肘、膝、背中と左半身を駆使し、

右手の薄いカチを握りこんで、

少しずつ左のハンドジャムをずらしながら這い上がる。

ワイドからハンドサイズのクラックへ脱出し、次の中間部の核心へ。

迫り出したルーフ出口にあるパーミング気味の縦ホールドを掴み、

スメアリングで花崗岩の粒子を捉え、縦ホールドを引きつけて一気にガバを捉えた。

前回はこの1ムーブで落ちただけに、雪辱を果たすことができた。

上部のフェイスを慎重にこなし、源助の憩いのテラスにトップアウト。

眼下に広がる新緑を見ながら終了点にロープを通した。

三倉のクライミングはこの瞬間があるからやめられないのだ。


猫まねき 11a

キャメ#0.75~4 クイックドロー×3

下部の覆い被さるワイドクラックと中間部のパーミングホールドとスメアでルーフを乗り越えていく核心部。

このルートを手に入れる事が出来て嬉しかった。



昼から、N田くんがトライしていた、スラブとフェイスのスィング11bをオイラもトライしてみた。
c0116878_18214872.jpg

c0116878_18215676.jpg

c0116878_182249.jpg

カチを掴み、甘いスローパーとスメアとバランスと体の芯の力で登っていく。

カンテの凸角にあるシワをホールドとして掴み、スタンスと言うには脆弱な摂理をスメアで捉え、

カンテの反対側のスラブへ体を切り返していく。

ボルトとボルトの間の1ムーブ毎に神経をすり減らし、

指皮を削りながら登っていくヒリヒリとしたクライミング。

テンション掛けて登ってしまったが…。


面白い。


そして水晶クラックとモルモットクラックを

ノーテンのマスタースタイルで再登して一日を終える事ができた。

久々のクラッククライミング、

やはりナチュプロセットの感覚に多少鈍った感があったが、

この二本のルートを再登できた事が何よりも嬉しかった。




次はどのクラックを登ろうか…。

また楽しみと苦しみが同時に増えた。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-03-30 18:08 | クライミング・三倉岳