カテゴリ:クライマーズ・ライフ( 377 )

最近三倉クラックなワケ。

c0116878_111658100.jpg

ボルトに導かれているのではない、自然の摂理を登るクラックにハマっている。

OSトライやRPトライの時の…

ナチュラルプロテクションの効き具合、ギヤの数、

恐く危険と感じればればプロテクションを取り、

必要なければランナウトに耐え、精神力や体力の渇きを感じながら、

それらを自分で計り調整し、乏しいホールドと自然の摂理をたどって登り、終了点に立ち、

最後は全てを回収して、壁に何も残さない。

ジムナスティックなムーブの石灰岩ボルトルートにはない、

オイラは、そのジリジリとした、自分が渇いていく感覚を求めて花崗岩クラックをやりに行っている。

もちろん、スポーツルートもボルダリングも好きだ。

クライミングをするのが楽しいのだから。

また、あの「ジリジリと渇いていく感覚」を求めてクラックをやりに行こう。





でも、多分来週は石灰岩なり。。。。
[PR]
by ikeda-eng | 2007-12-09 11:57 | クライマーズ・ライフ

TA-KING家忘年会。

昨夜、D氏一家、岡P、オイラ、TA-KINGと嫁っこのユキねぇと派手に忘年。

もはや軽く六三郎越えを果たしている、ユキねぇの愛情テンコ盛り手料理と、

TA-KINGの芋焼酎セレクションを堪能し、

そして、岡Pのボデースーツショーなどなど…かなり楽しかった。

美味い料理とお酒としゃべくるのに夢中で、ろくすっぽ写真を撮ってません。

とりあえず岡Pのボデースーツ↓
c0116878_18211842.jpg


今度は、ユキねぇの手料理写真を撮影しに、あえてゲリラ的に訪問したいと思います。

そして、偶然そこに置いてあるであろう、芋焼酎を呼ばれて帰りたいと思います。

もちろんしゃべくって帰ります( ̄ー ̄)ニヤリ

アリガトでした~。
[PR]
by ikeda-eng | 2007-12-07 18:24 | クライマーズ・ライフ

今朝は4℃。

c0116878_18324682.jpg

サビーっす。

今朝は、4℃でした。

凍てつく波動を感じました。

輝く息まで、あと少し。(ドラクエネタ。)

そして、クライミングに行ってたわけじゃねぇっす。

よっしゃ、忘年会に行ってくっか!
[PR]
by ikeda-eng | 2007-12-06 19:26 | クライマーズ・ライフ

"el nino"

c0116878_18295291.jpg

エルニーニョ。

いつか、このラインを見てみたい。

初登攀のフーバー兄弟のホームページを見た。

カッコイイっす。



そして、今週末はどこへも登りに行けません。

オーマイガッ!!
[PR]
by ikeda-eng | 2007-12-05 18:31 | クライマーズ・ライフ

黄色い絨毯。

c0116878_19391023.jpg

地面がまるで黄色い絨毯のようでした。

冬がすぐそこに来てます。
[PR]
by ikeda-eng | 2007-12-03 19:44 | クライマーズ・ライフ

明日は三倉。

c0116878_16224128.jpg

c0116878_16225355.jpg

明日は三倉。

ふ~さん、TO隊長と行きやス。

ふ~さんを、ヒップクラックに挟んでやりまス。

オイラは、モルモットクラック挑戦ス。

写真は近所の銀杏の木。

ハラハラと葉が散って綺麗だった。

秋深し也。
[PR]
by ikeda-eng | 2007-11-30 16:28 | クライマーズ・ライフ

クライミング論。

昨日の続き。

きのうも結局、映画の話から、クライミングの話、

そして、最後はクライミング論をふ~さんと話し込んだ。

タカCはワケも分からずきいているようだった。

外岩クライミングを始めてもう少しで3年がくる。

ふ~さんは、外岩ルートを始めてすぐのころから、色々とクライミングの事を教えてくれた先生みたいなもんだ。

だからというわけではないけど、ふ~さんのクライミングスタイルは共感できる部分が多い。

そんなわけでふ~さんには、酔っ払った勢いで、自分のクライミングの取り組み方を話す。

しかし、昨日のオイラのクライミング論は今考えれば最悪だったように思う。

中身については伏せておきたいので…。

オイラも最近、へたっぴなりにも自分のクライミングスタイルみたいなものが出来てきた。

そのせいか、他のクライマーと違う部分にたいして、ついつい口を挟んだり、

意見を押し付けたり、クライマーを評価してしまう。

でもよく考えれば、クライミングは自分との戦い、というか、

クライミングは(特に外岩クライミング)他のスポーツよりも、その特殊性ゆえかメンタルな部分の割合が高いように思う。

だからなのか、クライマーのルートに対する取り組み方や、クライミングの倫理観というかこだわりみたいなのが、十人十色それぞれある。

RPするにしても、OSするにしても、ボルトルートにしても、NPクラックルートにしても、

基本的にはクライミングはある程度の危険をはらんでいるし、自己責任においてやっていること、

他人に押し付けられてすることではない。

本人が納得できる形でルートなり、課題なりを成し遂げればそれでいいのであると思う。

本人が楽しいと思う事を、楽しんでやっていくのがベストだと思う。
(もちろん、エリアの維持存続に関しては別問題。個人のモラルではなく、クライミング界全体のことなので、個人主義に走ってはいけません)

そういう意味で、昨夜のオイラのクライミング論は最悪だったかな…酒が入っていたというのもあるけど。

自分の価値観を他人に押し付けることは野暮なことなので、

これからは、あんまり自分の考え方をごちゃごちゃいうのはやめて、

みんなと共に登りながら、いろいろなことを吸収して、楽しく登って、

しっかり自分のスタイルを作っていけたらと思う。

他人の評価なんてしても、しょうがない。それはそれ、これはこれ、人は人だしね。

まあ、みんなとセッションしてて茶化すくらいはあると思うので、それはご愛嬌って事で。

ふ~さん、タカC、昨日は遅くまでお付き合いありがとやんした。

また、しっかり登って、呑んだくれましょう!4649!



初めて12にトライしてたころのオイラ↓
c0116878_1745923.jpg

この時は、とにかく12をRPする事しか考えてなかったなぁ。

この「時間よ~」をRP出来たくらいから、色々とクライミングスタイルというか、クライマーとしてのスタイルをかんがえるようになりましたね。
[PR]
by ikeda-eng | 2007-11-28 17:34 | クライマーズ・ライフ