<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

どうやら。

c0116878_18472278.jpg

トロッとしたものが漏れてました。

なので明日のクライミングは連行してもらう予定。

はよ修理せんとな。

でもビールのんで寝よ。

明日は備中!
[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-29 18:50 | 自動車整備

日々つれづれ。

c0116878_2131978.jpg

花崗岩ボルダーの求道者は、良い父でもありました。

カッコいいよね。
[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-27 21:13 | クライマーズ・ライフ

ドラゴンハング。

どうも。

長々と放置してました。

まあ、元気にやってます。

最近、ジムボルダーではカブリの仙人になっている、今日この頃の成果を発揮すべく、

ドラゴンハングへ行ってみました。

メンバーは、オイラ、ふきゃ、Tキン、名和CCのYoneさん。

久々の天龍エリア、
c0116878_2111598.jpg

苔がきれいに復活してました。

ってわけで、ドラゴンハングマスターへの道!

先ずはアップでフランケン~を登ってみたが、あまりの壁の冷たさに危うくモチをへし折られそうになるが…

これしきの冷たさでシッポ巻いて逃げたら、真冬のニュエリには耐えれないので、長屋に逃げることなく、

「春一番12a」にヌンチャク掛けを敢行。

あわよくばマスター一撃RPを狙うが、まあそんな甘いカブリではないので大サデクリを一発。

ムーブを分解してとりあえず降りる。

ヒールフック・マイスター、ふきゃの人身御供トライを見学↓。
c0116878_21252846.jpg


2便目、

靴をミウラーに変更し、万全のヒールフック体制にしてトライ。

さすがに業界最強のヒールフック性能を誇るミウラー、

ビシッとフックも極まり、2撃完登!

最後ののっこしではちとアセリマシタガ…。

ふきゃもビシッと②撃!

Tキンもビシッと②撃!
c0116878_2130818.jpg


んで、昼からはTキン初登の「一休さん」一応12a。

本人いわく、紐付き一級ボルダーかな?とのコメント。

で、

Yoneさんのパーフェクトな山椒の実核心ムーブでモチが上がったところで↓
c0116878_21341375.jpg

ふきゃと二人で、一休さんマシンガントライ開始!
c0116878_21351766.jpg

核心の小ガバを掴み損ねてサデクるふきゃ↑

このあとのアンダーをとっ捕まえにいくところもワリィんじゃな、これが↓。
c0116878_2137864.jpg

オイラ、一瞬の閃きとトキメキで、小ガバをスタテッキィーに掴み、アンダーを鷲掴むことに成功し、

何とか完登!

一休さん、一つの課題として見ると、かなり面白かった。

仕上げに、Tキンとふきゃと三人でポップロックへ行き、

カチって、カブって、サデくって、ケムリが出るまで登った。

今日もいいクライミング出来た。

まあ、4人ともいい成果が出たので満足なり。



今日は簡単ながら、以上押忍!!






今日のダン・オズマン。

こちらをどうぞ

ナチュプロのセットは確実に☆




また来週!!
[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-23 21:44 | クライミング

三倉岳。

この時期になるとウズっときます。

三倉へ行きたくて。

この時期の三倉、サイコ~なんです!(慈英風に)
c0116878_11384840.jpg

c0116878_1138588.jpg
c0116878_113954.jpg

ってわけで、べっち師と三倉へ。

今日も花崗岩のフリクションにクライミング哲学を求め、花崗岩のクラックに自らのエネルギーを感じてきた。

源助に来たので、アップを済ませ猫まねき11aにトライ。

久々のトライ。

相変わらず、下部のワイド部分は厳しくて濃い。

息をとめ、肩、前腕、膝、使える所をすべて使って、フリクションを得てルーフしたまで一気に抜けていく。

ルーフ下でレストを挟み、一気にルーフ越えをすべくムーブを起こすが、安易に置いてしまった足が、

岩の粒子から見放されてしまい、フォール。

悔しくてしょうがなかった。

登れていたはずのトライなような気がしたが、

足を安易に置いてしまった、結果がすべて。

1テン。

今日これ以上トライしても、何かわからないが、何だか薄れてしまいそうなので、次の機会に見送る。



べっち師の「スラッシュ 12a」をビレイ↓
c0116878_11562025.jpg

源助の基部から、スカイラインの奇麗なカンテに向かっていく、何ともかっこいいライン。

また一つ登ってみたいラインを得た気分。

のち、

べっち師と「ファニールーフ 10c」を、オイラはフォローで登ってみる。

べっち師がかねてから、見せたいと言っていたワイドクラック。

このルーフ下を捲きながら、体中を駆使してクラックを這い、上部へ抜けていくクラック。

クラック入口に立った時の圧迫感は凄かった。

フォローで登ってみるが、

オイラの力では、ルーフから脱出しきれることなく、力つきてしまった。

己の無力さを知った。




まだまだ足りないのだ。







今日のMiner but Gold 「ファニールーフ 10c」↓
c0116878_127626.jpg

クラック奮闘度☆☆

下向きワイドクラックから脱出して行く時の高度感はサイコーです。

そして、わけわかりません。動けません。

まったくファニーじゃないす。

こいつがいつか楽しめる日がくるんかんなぁ…

縮みあがること間違いなし♪

100岩場はファニーウルフ 10bになってましたが、三倉トポによるとファニールーフ 10cになってました。
[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-16 11:57 | クライミング・三倉岳

日々つれづれ。

最近、更新頻度がおちてます。

今はガマンの時期なもんで…すんません。

もうしばらくしたら、また楽しい更新の応酬が出来ると思います。

とりあえずこれでも聞いといてくだされ。

Fuel

最近ガソリンが安くなってきたなぁ。





最近撮った写真。
c0116878_2131115.jpg

デジ一ほしいなぁ…
[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-14 12:30 | クライマーズ・ライフ

ニューエリア。

先ずはお知らせ。

名和クライミングクラブをリンクさせていただきました。

リンク集を確認くだされ→




で、

金、土と忌々しい雨。

そして紅葉シーズン突入。

そう、この時期になったら…結局ニューエリアなんよね、やっぱ。

というわけで、雨にモチをへし折られ気味のふきゃを誘い、べっち師、Kさん、ROCKWAVEさん…等等

久々のニュエリアプローチ、湿りけたっぷりのゴロタ石と岩にへばりついた苔のおかげで、サデクリながら歩く。

三倉で鍛えあげたオイラの大腿筋はもはやニュエリのアプローチは屁でもありませんね。

っつーわけでパリッと渇いた壁を目の前にして何に取りつくか悩む。

ってか、ニュエリの壁はいつ見ても好きだねぇ☆


べっち師は今シーズンのRPに向けて「二国」↓
c0116878_15105599.jpg

核心のガバへのデッドムーブはいつ見てもしびれますな。



ついにニュエリ業界に進出したKさん↓
c0116878_15115462.jpg

B場さんの後を追うべく、パンツ~発射オーライ!

けもの道トライのROCKWAVEさん…は、写真ブレまくりでした、すいません。。。

もう少し写真の腕上げて、次はビシッと撮影しますけん。



と、言うわけで、RWさんの根性クリップムーブを見学しながら、

オイラとふきゃはかつての某開拓王初登のマニアックルートに進出決定!

ヒントこれ↓
c0116878_15161526.jpg

壁に繁殖したコケが素敵☆

先ずはヌンチャク掛けを試みるが、

クモの巣払いながらホールド掃除しながらインチキの応酬で何とか抜ける。

まさに Old but GOld ですな。

こっからあとは、ふきゃと二人で人身御供作戦を繰り返しながら夕方までトライを重ね、

なんとかムーブを分解できた。

カチ系の薄いホールドとスメッジング系の極小スタンスを、バランシーなムーブで繋いでいく。

こういうの好きなんよね、オイラ。

ムーブとホールドがわかったらには、後はミサイルのように突っ込むのみです!




次は撃墜ス!!







今日の〆
c0116878_1528483.jpg

大した成果もないのにギョーザとビールを鱈腹。。

かの魯山人はキリンビールを愛飲したそうです。


また来週!
[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-10 15:29 | クライミング

物欲。

欲しいモノ。

コンパクトクランク。
c0116878_1744553.jpg


テスタロッサ。
c0116878_1752581.jpg


ミニベロ。
c0116878_1754320.jpg


基本、機能美を感じるモノが好き♪
[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-07 17:06 | クライマーズ・ライフ

花崗岩ボルダリング。

月曜日、花崗岩ボルダリングをしたくなり王子ヶ岳へ。

メンバーは、ふきゃ・Tキンとまぁ、いつもの面々。
c0116878_200583.jpg

久々の花崗岩ボルダー。

パパッと3本くらい4級課題でアップを済ませ、岩に体が馴染んできたところで、

先ずは、クラシック課題の「ナテハ 2級」をトライ。

その昔、クライミングジャーナル??だったかな、

権現ではお馴染みのJ氏が、ナテハを登っている写真を見て、

「こんなカチよく持てるなぁ…」

と、ちょっとばかし憧れの課題。

ふきゃと、あーだこーだ言いながら完登できた。

ホールドとスタンスをバランスよく使いこなしていく、素晴らしい課題だった。

のち、

バナナクラックjr、ギャンブルダイレクト、ミラースタンド、ファティドカーフダイレクト、スプーンカットフェイス、

と、初段課題を色々と触ってみたが、

やはりどれもオイラにとってはかなり厳しい課題ばかりだった。

いつもの石灰岩ロープクライミングとは違う、

岩に散らばる、薄いカチ、小さいスタンス、のっぺりしたスローパー、

それら、貧弱な摂理をいかに効率よくムーブでつないでいくか…

岩を前にして、考え込みながらムーブを作っていく。

ボルダリングの、ムーブを作っていく作業の面白さみたいなのを感じ取れた。

特にミラースタンドの、

高さのある壁にパッパッと散らばるカチには心奪われるものがあった。

王子ヶ岳の初段、今シーズンは何本か登ってやろう。




とりあえず、今回登れた「ナテハ 2級」↓

[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-04 20:29 | クライミング

強敵よ…

c0116878_21484076.jpg

永遠に…。
[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-02 21:48 | クライマーズ・ライフ

2ルンゼ。

土曜日。

備中、好天に恵まれいい天気。
c0116878_9435050.jpg

ふきゃ、Tキン、モリサマと2ルンゼへ。

前回、探りで果ててしまった、バナナおくれに引導を渡すべくトライ。

朝一便目、さすがにヌンチャク14本持ってのマスタークライミングはアップになるはずもなく、

パンプしまくり。

モリサマ、Tキン、マナブ達としゃべくりながら、午前中を過ごす。

ふきゃとTキンが身の程知らずのムーブで苦戦。
c0116878_9495019.jpg

マナブの身の程トライ。

次のホールドを見据えるマナブの眼は、普段と打って変わって、スルドイ。

結局バナナ~、
c0116878_9495822.jpg

午前中、午後とRPトライするも、核心のコブを掴みきることが出来なかった。

1テン。

特に最初のRPトライ、余力を残して核心に入るも、焦りが出てしまい、ムーブがバタつき、

その間に、カチを保持する右手がパンプしてはがれてしまった。

短期決戦でRPしたかっただけに、かなり悔しかった。

あんまり打ち込んで自動化してしまうと、

この手の長いルートはRPした時の、ある種陶酔感というか突き抜けた感が失われるような気がする。

なので、しばらく封印してみようか…。

と、おもう。


そして、遠く松本から来られていたというNさんのクライミング↓
c0116878_1001313.jpg

寺島、ばななおくれ、身の程知らず、と立て続けに3本RPしてしまった。

寺島フラッシュもかなり驚いたが、

身の程~を、一便目で探った後、次のトライでRPしたのには感動させられるクライミングだった。

パワーもさることながら、ムーブの蓄積があるゆえの素早い判断と身のこなし。

なんだか格の違いと深さを見せられた。

日も暮れたころ、最後に身の程~をTRを借りてムーブを探ってみた。

カチを握りこんで、マイクロスタンスに荷重を移しながら、

貧弱な摂理でバランスをとり、

ジリジリとムーブをこなしていく。

こういうクライミングはオイラは好きだ。

上まで抜けれたし、ムーブを繋げる事が出来たので次回はリードでトライしてみよう。

そして何よりも、ふきゃの最終RPトライが素晴しかった。





今日もいいクライミングができた。



c0116878_10103469.jpg

c0116878_10104519.jpg

c0116878_10105923.jpg

[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-02 10:12 | クライミング