<   2009年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

5.13。

朝イチからヨレてました。

今週は抜く感じでやるとしても、来週あたりから一つ上へ行こう。

シーズンだし。

そろそろ13やろうと思う。

何がエエか…。

霧降る渓谷だったら…赤帯、じゃこ天、健KOカンテが気になるな。そうそう、ちょっと系統違うけど、天下無双もエエな。

備中なら…やっぱ二国だな。

でも13やる前に、まむし街道の直登ランジにトライしたいし、霧降る渓谷のフロント壁のバベルとか、奈落の底のKY活動とか…。

それにもう一本、自分を試してみたい12dがあるんだわ。

まあとりあえず、高くて長くて綺麗なラインを登ろう。

なんつーか、精神力とパワーが蒸発していくようなラインを。




ゆきねぇにもらった「栗入りういろう」12b/c
c0116878_2112549.jpg
ちょいと栗栗して、うんまかった。

ういろうもアッサリしてよいな。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-30 21:14 | クライミング

カウントダウン。

なんだか盛大に C3H6O3が筋肉に蓄積されております。

てーしたコト(仕事)してないのに…。

っーワケで…今日はお気楽モード。
c0116878_21194551.jpg

マメオさん、ベッチ師と備中長屋にいったりました。

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-29 21:56 | クライミング

イッパイ。

c0116878_18333025.jpg

お疲れサマのイッパイ。

明日はボチボチやろ。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-28 18:33 | 未分類

鬼平犯科帳。

c0116878_19183122.jpg長谷川平蔵と盗賊との捕り物劇も読んでいて面白いのだが、

何より、

長谷川平蔵の火付盗賊方の長官としてのリーダーシップに感心してしまう。

今の世の中、これほどのリーダーシップをもった政治家がいたらなぁ…と思うが、

しかし、

今の世ではこういう人では出世はできないのであろう。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-26 19:29 | クライマーズ・ライフ

11/24 日々ツレヅレ。

ヤボ用でフカマチュが岡山くんだりからやって来た。

タダで来ただけで帰らすワケにはいかんので、

とりあえずハライッパイにしてやることにした。

先ずは山ちゃんへ。
c0116878_919524.jpgとりあえず体に悪そげな色のおでん。


















c0116878_92051.jpg湯気が立ち上る、

アツアツ焼きそばを、ゾゾゾッとかっ込む。
























c0116878_9193483.jpgオイラはいつものヤツと、

ハイボールをしこたま呑んだ。











まだまだハライッパイにしちゃろうと、

一度フカマチュを連れて行ってやりたかった食堂へ。
c0116878_9264875.jpg
そして〆は「中華そば」

おそらく12bくらい。

12bは12bでも水の泡みたいな持久系。

濃厚さはないけど、だからといってアッサリでもない。

なんか味わい深く懐かしく、地味にウマいのだ。

妙にあとを引いてしまう。

一度行っただけでは良さはわからんかも…。

で、また行ってしまう。

ちなみにここのおでんもウマいんだ。


オイラは高校時代からちょくちょく行ってるのだが、
c0116878_933355.jpg
15年前くらいからメニューの値段が変わってないコトに気がついた。




フカマチュ、腹いっぱいになったろ??



今日もよいお酒が呑めたなぁ。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-25 09:35 | ウマし!

ランナウトの国~おやすみなさい12d

c0116878_12413756.jpgキンと冷え込んだ朝。
























c0116878_12423713.jpg霧降る渓谷は凍てついてました。

More
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-24 13:43 | クライミング

チェンジングレーン。

11/21、

紅葉もボチボチ終わった、
c0116878_20482175.jpg

落ち葉の絨毯のアプローチを、
c0116878_2049275.jpg

Tキンとサクサク歩いて、

貸切状態の、
c0116878_20495056.jpg

フラワーエリアへ。

近所のオッサン作、吊るしガキ12a
c0116878_20513440.jpg

食ってから、とりあえずチェンジングレーン12dにヌンチャクセット。

時間が空いたので、ムーブとホールドをモモくった。

出だしボルダーは決まるも、さすがに上部はテンテン。

昼にちょっくらダム見学へ。
c0116878_2133669.jpg

眼前にそそり立つ岩壁がスゲーのナンの。

このスラブ落っこちたらえらいこっちゃ。
c0116878_2145363.jpg

水量も多くて見事でしたな。

で、

Tキンに吊るしガキ食わしてみた。
c0116878_20543812.jpg

ほれ食え。

吊るしガキパワーで11ことごとくOS。

ちょっと悔しいので、トライアングル11dに突っ込んでもろうた。
c0116878_20555274.jpg

まんまと核心でサデくってくれた。…シシシッ。

それでいいのじゃ!オイラもそこで落っこちた。

でもあっさり②撃。さすがじゃ。

Tキン、だいぶん復活しとるのう。ウカウカしとれん。

さてオイラ、

レレレのぴょん吉さんと物々交換したどら焼き「茜丸 五色どら焼き」12cチャージ。
c0116878_2101793.jpg

中身はこんな感じ。
c0116878_2103862.jpg

ちょいとわかりにくいけど、5種類の豆入った豪華なあんこ!

さすがにこんだけ豆はいりゃバチギキですわ。

チェンジングレーンに突っ込んどいた。

出だしのボルダー、ピン横カチをクリティカルヒット!

穴ぼこガバでレストのち、今まで核心と思っていたムーブをヤイヤイこなす。

核心抜け口と思っていたスローパークリップ、核心じゃなかった…。

チョイレスト挟んでからのサイドカチ繋ぐ数手が核心じゃったス。

ワメキ散らしながら、あるんかないんかわからん足を刻んで必死で出口の小ガバを掴んどいた。

あとは、O-さんの悪意!?を感じる(ワラ 上部スラブを足ガクガクさせながら慎重にこなしといた。



っつーわけで、グレード更新のエビス。
c0116878_21124923.jpg

と、

大好物の煎餅でした。



ビールは控えめに、

明日はランナウトの国だ!
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-22 21:15 | クライミング

11/19ウマいものツレヅレ。

TA-KINGさん家と、贔屓の料理屋へ。

ビール呑みながら、ウマイもの食べながら…
c0116878_16444671.jpg鰆のすし 12c














c0116878_16472116.jpg太刀魚の刺身 12b

















日々のコト、いろいろしゃべった。












c0116878_16501058.jpg〆は

素材のうま味の出た出汁でサッと炊いた雑炊。 12d













おなかいっぱいになった。

今日もいい時間が過ごせた。





店まで直線距離で200mくらいなのに、

道に迷って結局23㎞…。

なぜだ…。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-20 16:55 | ウマし!

11/18 コソトレ。

c0116878_1624583.jpgリアルな芋あんパン食ってコソトレへGO。

味も見た目もリアル過ぎ…11b/c

芋パワーでとりあえずプロジェクト。

リアル芋あんパワーじゃ、

核心ムーブのトゥーフックからのコルネにデッドがきまらん。












c0116878_1663450.jpgなんとか手に入れたいムーブゆえ、

2週間熟成モノの古見屋羊羹チャージ。

トゥーもばっちりきまって、コルネワシッと掴みあげたった。

おかげで1ムーブ手に入れた。

やっぱキクネ!

熟成したら13c→13c/dになってた。

あんこの甘味にまろやかさがプラスされとった。

たぶん一ヵ月熟成したら持久系の13dになりそう。

楽しみじゃ。。。ケケケッ。





c0116878_16161868.jpgそれにしてもソニーはカッコええ。
見た目浅野忠信かつ、ソニー・トロッターのように生きたい。




まっ、無理かな。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-19 16:17 | クライミング

走る実験室。

c0116878_1859595.jpgホンダに続き、トヨタまでがF1から撤退。

ブリヂストンのタイヤ供給も2010年まで…。

F1から日本メーカー勢が姿を消していきます。

その昔、ホンダはレースを「走る実験室」と言っていました。

そのトップカテゴリーのF1からの撤退。

低燃費や環境性能、快適性を追求した市販車が世に出回る昨今、

ハイパワーのエンジン、高速コーナリングや直進安定性をもたらすシャーシ…

これらを莫大な費用を投資しながら追求していくF1という「走る実験室」は、

もはや、一部のレースファン以外には宣伝効果すらなくなっているのでしょう。

もちろん、走る実験室のF1からフィードバックされた技術はたくさんあります。

少し古い技術からいえば、電子制御燃料噴射、ターボチャージャ、モノコックボディなんかもそうだし、

材料強度の研究や、サスペンション廻りの技術研究もそうでしょう。

が、そういった地味な技術研究は、結局一般ユーザーには理解しにくい部分がほとんどで、

F1はむしろ、メーカーにとって技術をもたらす活動ではなく、

宣伝効果をもたらす活動的割合が大きかったでしょうし、

莫大な費用を投資してでも行う価値があったのだろうと思います。

しかし、世はエコカーブーム。

燃費が良くって、クリーンで、さらに乗り心地がいい車が求められてます。

ハイパワーでスピードの出る車は必要ない風潮です。

そんな世の中の流れの中、

莫大な費用を投資してまでF1活動を行うメリットは、

メーカーにとってメンツや意地だけでやっても、費用対効果がほとんどあるわけなく、

不景気と相まって、撤退するのはいたしかたな判断なのでしょう。

走る、曲がる、止まるを極端に追求していたF1。

ホンダ、トヨタの撤退に相まってか、他のメーカーも追従していきそうな様子。

そして、燃費が良くって、静かで、クリーンで、乗っててもラクチンで…。

いわゆるエコカーというものが当たり前になればなるほど、

車が車らしかった時代が終わってしまってるような気がします。

世の中の流れとはいえ、なんかさみしいですね。

そして、自分もエコカーの時代に置き去りにされた整備士になりつつあります。
[PR]
by ikeda-eng | 2009-11-18 19:33 | 自動車整備