花崗岩ボルダリング。

月曜日、花崗岩ボルダリングをしたくなり王子ヶ岳へ。

メンバーは、ふきゃ・Tキンとまぁ、いつもの面々。
c0116878_200583.jpg

久々の花崗岩ボルダー。

パパッと3本くらい4級課題でアップを済ませ、岩に体が馴染んできたところで、

先ずは、クラシック課題の「ナテハ 2級」をトライ。

その昔、クライミングジャーナル??だったかな、

権現ではお馴染みのJ氏が、ナテハを登っている写真を見て、

「こんなカチよく持てるなぁ…」

と、ちょっとばかし憧れの課題。

ふきゃと、あーだこーだ言いながら完登できた。

ホールドとスタンスをバランスよく使いこなしていく、素晴らしい課題だった。

のち、

バナナクラックjr、ギャンブルダイレクト、ミラースタンド、ファティドカーフダイレクト、スプーンカットフェイス、

と、初段課題を色々と触ってみたが、

やはりどれもオイラにとってはかなり厳しい課題ばかりだった。

いつもの石灰岩ロープクライミングとは違う、

岩に散らばる、薄いカチ、小さいスタンス、のっぺりしたスローパー、

それら、貧弱な摂理をいかに効率よくムーブでつないでいくか…

岩を前にして、考え込みながらムーブを作っていく。

ボルダリングの、ムーブを作っていく作業の面白さみたいなのを感じ取れた。

特にミラースタンドの、

高さのある壁にパッパッと散らばるカチには心奪われるものがあった。

王子ヶ岳の初段、今シーズンは何本か登ってやろう。




とりあえず、今回登れた「ナテハ 2級」↓

[PR]
by ikeda-eng | 2008-11-04 20:29 | クライミング
<< 物欲。 強敵よ… >>