屋久島ツアー3。

28日…ツアー4日目。

オイラは朝5時に起床。

近くの風景でも撮影しようかと出かけるが、ガスでイマイチ。宿へ撤収してモリモリ朝めしを喰らふ。

フリーウェイOSと昨日の歩きで、体がエネルギーを必要としているようだ。

7時に宿出発。

目指すは太忠岳山頂・天柱石。
c0116878_9191917.jpg

山頂にあるとんがった先っぽを目指す。クライマーたるもの気になるよね、やっぱ。

前日の偵察で天柱石登攀可能かも?という情報を仕入れていたので、

一応、登攀装備を持って行く事に。

7時半に太忠岳登山道の入り口でもある屋久杉ランド出発。

マップでは3時間くらいの道程なのだが、

登攀を予定していたし、モッチョム岳登山道で思った以上に時間を食った経験から、

往路はわき目もくれずスタコラ歩いた。

道程2時間弱で9時過ぎに太忠岳山頂に到着。

見よ!このピナクルを!!
c0116878_9285312.jpg

天柱石は高さ50m位あるらしい。

人が近くに立つとこんな感じ。
c0116878_930053.jpg

ピナクルにはリングボルトが打ってあったが、下部のボルトは折損していた。

登攀は断念。
c0116878_9335430.jpg

c0116878_934713.jpg

とりあえず天柱石のテラスでパン食いながらボケッと過ごす。

ガスが出ていてイマイチな展望だったが、晴れていれば素晴らしい眺めなのだろう。

思わぬ出会いがあった。

ヒマだったので天柱石のテラスでマントル返して遊んでたら「お兄ちゃん、ボルダリングするのか?」

と声を掛けられたので、見上げてみるとなんだかパワフル系山屋さんが。

屋久島の自然研究や岩壁の開拓なんかをされている太田 五雄氏だった。

しばらくテラスで屋久島の岩壁の話を聞いた。

七五岳、障子岳、ローソク岩、永田岳等々、まだまだ素晴らしい岩壁がたくさんあるらしい。

やばい、ますます屋久島に再訪したくなってきた。

10時20山頂発。

帰りは快適なトレイルを風景を見ながらチンタラ歩いて帰った。
c0116878_952596.jpg
c0116878_953672.jpg
c0116878_9531735.jpg

c0116878_9532664.jpg

12時に下山。

予定より早く終わったので、近くにある紀元杉を見学。
c0116878_9551947.jpg

やっぱデケェッす。

樹齢3000年でこの始末なら、7200年の縄文杉は…ねぇ。

まだまだ時間があったので白谷雲水峡をトレッキングに行った。
c0116878_957217.jpg

c0116878_9571444.jpg

c0116878_9572691.jpg

c0116878_9574264.jpg

15時半に出口へ出て、

早めに宿へ帰った。っていうか歩きまくったので疲れたっす。
c0116878_1002227.jpg

明日は撤収するのみ、とりあえず無事にツアーを終えた事を祝して隊長と乾杯!

釣り客達の「三岳」をくすねて呑んでやった。うまいじゃん。

30日…最終日。

ギヤや荷物をパッキング。時間があったので1番綺麗であったモッチョム岳を眺めに行く。

よくこんな岩壁を登れたとトップ、セカンドと…全ピッチを頭の中で繰り返す。

8時半に福山に向けて撤収した。
c0116878_1063710.jpg





隊長、ありがとう。お疲れ様でした。
c0116878_1062641.jpg

[PR]
by ikeda-eng | 2008-05-02 09:20 | クライミング
<< 屋久島ツアーまとめ。 屋久島ツアー2。 >>